読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒必見!!!引っ越しする新卒注目!!!!!!!

こんにちは。

新卒1年目のお引っ越し情報です。

新卒一年目の引っ越し費用・貯金

費用を抑えて貯金を貯めたいという方も多いと思います。

そのために家賃を値切ってみたり、引っ越し費用を値切ってみたり。

やるべきことは尽きません。

 

新卒一年目はまだまだお金がありません。

新卒の水道光熱費、ネット料金が毎月いくらかきちんと把握していますか?

何をしたいですか?

そのためにはいくら必要ですか?

 

新卒は食費、交際費がかかりがちですが、気をつければそれだけ節約が可能です。

夢や自己実現のためにも、新卒一年目から気をつけましょう。

  • 素敵な新卒一年目を

 

こんにちは、新卒の引っ越しマイスターです。

 

来春、新卒になる皆さん、引っ越しのことは考えていますか?

ついに一人暮らしが始まるのですね。

当サイトでは、費用や時期についてのお得情報を配信しています。

 

新卒による新卒のための引っ越し情報の目次

新卒による新卒のための引っ越し情報の目次

  1. 新卒による新卒のための引っ越し裏技5選!
  2. 一人暮らしアンケート!

  3. 引っ越しのコツ、教えます。

  4. 新卒による初めての一人暮らし、引っ越しのお話

  5. 【初めての一人暮らし】新卒の家探しのコツ

  6. 新卒の引っ越し費用見積もり

  7. 申し込み時期に注意?!インターネットの失敗談 -新卒1年目のお引っ越し体験談その4!

  8. 新卒1年目のお引っ越し体験談その3!

  9. 新卒1年目のお引っ越し体験談その2!

  10. 新卒1年目のお引っ越し体験談その1!

  11. 新卒が引っ越し直後に陥ること

  12. 引っ越し直前にやることリスト!- 新卒の引っ越し

  13. 費用を安く抑えよう!新卒の引っ越し準備

  14. 新卒が引っ越し前、家探しですべきこと

 

 

新卒の皆さん、こんにちは。

今日も引っ越し情報満載の投稿をしますよ!

 

新卒による新卒のための引っ越し情報や引っ越し業者比較

 

さあ、ご覧ください。

こちらが、引っ越しサイト一覧です。

www.the0123.com

www.hikkoshi-sakai.co.jp

クロネコヤマト

引越し・引っ越し業者探しは赤井 英和でお馴染み【アリさんマークの引越社】公式サイト

日本通運

 

たくさんあって、どこが良いか分かりませんね。

 

そんなときは!引っ越し業者比較サイト!

hikkoshizamurai.jp

 

新卒の皆さん、お得に引っ越しをしましょう!

新卒社員として、社会人の第一歩を歩み始めようとしている皆さん!

新卒2ヶ月目のKです。

今回は新生活の準備がこれから忙しくなってくる皆さんに向けて、
引っ越し準備のポイントについて書かせて頂きます!

f:id:shinsotsu_hikkoshi:20160522003120j:plain

 

 

新卒がハマる?!引っ越し準備のテクを紹介します。

  • 業者に依頼?それとも自分で?
  • 引っ越し業者選びのコツ
  • 引っ越し時期の決め方
  • 費用を抑える方法は? -Kの新卒引越体験談ー

業者に依頼?それとも自分で?

セルフ引っ越しなら、引っ越し費用も安く抑えられるかも?!

判断基準となるもの

*車・免許を持っているか

免許があれば、自分で運ぶ選択肢もでてきますよね!

ジャパンレンタカーさんでは、このようなサービスも行っているようです。
引越しならジャパンレンタカー | ジャパン レンタカー

*距離

県をまたがない程度の距離であれば業者に依頼せずに運ぶこともできます。
根気があればどこまででも・・・!

*荷物の多さ

初めての一人暮らしの場合、
冷蔵庫・洗濯機・ベッドなど大きな荷物は新居に直接送られてくることが
多いかと思います。大きな荷物がなければ車で運ぶことも可能です。
精密機械程度の輸送であれば、佐川急便さんにこのようなサービスもあります。

精密機器輸送サービス|サービス一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

引っ越し業者選びのコツ

引っ越し業者を使う場合、何を重視し、何を求めますか?
費用を抑えたい?安心できる業者がいい?
しかし、新卒で始めての一人暮らし、
どの引っ越し業者が安いのか、安心なのか良く分からない・・・
というのが本音。
実は引っ越し業者は、大手以外にも地域に即した業者が多くあります。
引っ越し比較サイトを利用することで、より安い価格で、安心できる引っ越し業者を
比較しながら選ぶことが可能です。

hikkoshizamurai.jp

引っ越し時期の決め方

3月は繁忙期なので、引っ越しにかかる費用は高騰します。
早く引っ越してしまったほうが
家賃を二重に払ってでもコストを安く抑えられる場合が多いです。
全体にかかる費用を確認してから引っ越し時期を決めましょう。

費用を抑える方法は? -Kの新卒引越体験談ー

大学入学時に一人暮らしをはじめ、初めて引っ越しを経験しました!そのときは、自分で引っ越ししました!手間はかかりましたが、県をまたいだものの費用面はこれまでの引っ越しで一番安くつきました。

今年の3月初め(新卒社会人になる1月ほど前)に3度目の引っ越しをしました!そのときは、引っ越し業者に依頼しました!業者に頼んだのは、大型の荷物が多かったためです。

10キロ圏内での引っ越しでしたが、同じ引っ越し業者を使って東京へ引っ越しした新卒の知り合いと引っ越しにかかる費用がほとんど変わりませんでした… (;;)引っ越し業者に頼むなら、距離が遠いほど費用効率がいいのかも知れませんね!

また、この3月は頭から2重に家賃を払っていました。その理由は、3月末に引っ越し業者に依頼するよりも、二重に家賃を払ったほうがかかる費用が安かったからです。私の使った引っ越し業者では、料金は3月半ばを境にどんどん上がっていくと言ってました!

引っ越し費用を抑える方法。まとめると、

  • 距離が近いならセルフ引っ越し 
    →距離が近いほど引っ越し業者を使う際の費用効率が悪い
  • 早い時期に引っ越しを済ませよう!
    →特に3月は引っ越し費用が高騰する
  • 引っ越し比較サイトの利用
    複数業者で見積もりを出して、最も安いところを選ぶ。費用の値切りができる可能性もある

お引っ越しをされる新卒のみなさま、ぜひ参考にしてください!

では、Kでした!

 

皆さん、こんばんは。

私は、新卒1年目の引っ越しマイスターです。

 

タイトルにもあります通り、今日のテーマは、・・・

 

新卒による新卒のための引っ越し裏技5選!

では、さっそく内容を見てみましょう。

  1. 新卒だからできる、優良お部屋探し!~秘密は時期に~
  2. 新卒でもできる、初期費用や家賃の削減!
  3. 引っ越し不慣れでもできる、優良引っ越し会社選び!
  4. 一人暮らし応援、引っ越し後の手続き!
  5. 新卒は要チェック、いつ貯金する?今でしょ!

 1.新卒だからできる、優良お部屋探し!~秘密は時期に~

やっぱり皆さん、良いお部屋に出会いたいですよね。でも、お部屋探しを始めると、なかなか好みの住居に出会えない。そんな経験ありませんか?大抵の人は、2月下旬~3月上旬に物件を探して、「もういい部屋残ってないよ~!」なんて状態になります。

 

そう、ヒントは「2月下旬~3月上旬」。

 

もっと早ければ、残っているんじゃ?というか、まだ全然空きばっかりなんじゃないの!?

 

そうなんです。当たり前と言えば当たり前ですが、早いに越したことはありません。そこで、新卒の強みである、学生ならではのフットワークの軽さ!それを利用しない手はありません!引っ越しは3月下旬?大丈夫!そんなの関係ありません。学生だからこそ、他の人よりも早く物件探しを始められます。遊んでいる場合じゃありません。誰よりも早く、優良なお部屋に出会いましょう!

2.新卒でもできる、初期費用や家賃の削減!

新卒といえば、新生活に自信のない、一人暮らしの少年少女。そんな印象ですよね。大家さんも同様に思っています。新卒ごときが値切るなんて、100年早いわ!こんな風に。

 

しかし、良い時期にお部屋を見つけて、賃貸の管理会社の担当の方と仲良くなれば、値切ることなんて容易です。なんてったって、担当の方はプロですから!そう、何よりも新卒のあなたが取るべき行動は、担当の方と仲良くなること!そうすれば、敷金や礼金、あわよくば家賃や駐車場代まで値切ることができるかもしれません!ちなみに私は失敗しましたが。

 

新卒の方が引っ越し完了するまでに必要になる費用(いわゆる初期費用)は20万~40万円ほど。少しでも安くなってくれないと、4月から苦しい生活が待っていますよ・・・。ちなみに、言わなくてもお気づきかと思いますが、家賃を1000円値切れるだけで、1年に1万2000円もお得になるんですよ!1000円だけでも・・・!と言ってみる勇気!あなたに舞い降りますように!

3.引っ越し不慣れでもできる、優良引っ越し会社選び!

やはり、新卒の方は引っ越しについて無知すぎて、引っ越し会社の言いようにぼったくられたりしちゃうんですよね・・・。どこに頼むのが一番良いのでしょう?それは地方によって変わります。やはり、どの会社も人がやっているのですから、担当になった人の人柄にもよってくるんですよね。

そこで、一括で比較しちゃおうじゃないですか。引っ越し会社の。はい、というわけで、私が以前利用した引っ越し業者の比較サイトをご紹介します。

hikkoshizamurai.jp

ここを利用すれば、新卒のあなたでも優良引っ越し会社に出会えます。

4.一人暮らし応援、引っ越し後の手続き!

さて、少しだけ引っ越し後のことも考えておきましょう!

やるべきことはたくさんありますよ!以下のリストをチェック!

  1. 転入届を出す
  2. 転居届の提出
  3. 印鑑登録の手続き
  4. 国民健康保険への加入
  5. 運転免許の住所変更
  6. 電気の利用開始の連絡
  7. 水道の利用開始の連絡
  8. インターネットの開通
  9. パスポートの住所変更

いやー、知らなかったね。こんなに忙しいの、引っ越し後って。しかも、新卒の方は入社してからこれらの手続きをできる平日が無いと思いますよ!だから入社式が始まる前に必ず済ませておきましょう!

5.新卒は要チェック、いつ貯金する?今でしょ!

あなたの初任給はいくらですか?そこからお家賃はいくらくらい引かれると思いますか?水道光熱費は?交際費は?・・・残るお金はいくらですか?

 

さて、単純に月に4万円貯金したとしましょう。100万円貯まるまでに何年必要でしょう?1年で4×12=48万円、2年と1ヵ月かかりますね。たった100万円貯めるのにこんなにかかっちゃうんです。

 

「じゃあ4万ではなく6万くらいにしたらいいじゃん」

 

そうですね。やれるものならやってみましょう。

 

飲み会を我慢する、欲しい靴を我慢する、モンストにも課金しない。これくらいの覚悟が必要だと思いますよ。

しかし、貯金はしなけりゃ、貯まりません!結婚や出産、新居。将来のことを考えると頭が痛くなりますね。早く出世したい。新卒の皆さん、お互いがんばりましょう。

 

 

どうでしたか?5つの視点から新卒の方の引っ越しにまつわるアレコレを見てみました。準備は早いにこしたことはありません。さあ、お部屋探しを始めましょう!(早すぎる)

 

新卒の引っ越し初期費用

新卒の最初の引っ越し、やっぱり気になるのは初期費用ですよね。

貯金に向けて新卒の引っ越し初期費用見積もり

いついつまでにはこれくらい貯金をしておきたい、なんて先のことを考える新卒も最近では多いのではないでしょうか?きちんと貯金がしたいなら初期費用も含めきちんと見積もる必要があります。

初期費用としてかかってくるコストは主として以下の項目になります。

  • 引っ越し当月の日割り家賃
  • 引っ越し先の敷金・礼金等の初期費用
  • 引っ越し翌月の家賃の先払い費用
  • 引っ越しに伴う家具・家電の費用
  • 保険料
  • 奨学金の返済)

いつ引っ越すかによっても費用も変わります。例えば3月上旬に引っ越すとその分家賃がかかります。

保険料や奨学金など新卒ならではの新しい費用についてはこれまで考えてこなかった人も多いのではないでしょうか。

また、引っ越しの翌月の家賃や敷金礼金などは意外と大きな初期費用になります。

場合によっては何十万円単位で飛んでいくので、予め用意しておきましょう!

 

一人暮らしを始めたら、頼れるものは自分だけ!

 

 

こんにちは。

今回は新卒に向けた引っ越し前の家探しのコツを紹介します。

【費用抑えるコツ】新卒の引っ越し先賃貸物件家探し【一人暮らし】

大抵の新卒は一人暮らしになるため、引っ越す先といえば基本的には費用抑えめのアパート等の賃貸物件ですね。

しかし賃貸物件探しといっても、何から初めたらいいのか迷ってしまう新卒も多いと思います。

家賃は安いほうがいいなー。敷金・礼金の初期費用があったらイヤだなー。キッチンは二口がいいなー。ユニットバスはいやだなー。せめて8畳はほしいなー。コンビニは100m圏内に欲しいし、スーパーも近くにあったらうれしいなー。初めての土地で一人暮らしだからご近所の治安も気になるなー。なんならLDKとかにならないかなー。

などなど。挙げだしたらキリがありません。

そこで、後悔したくない新卒向けの賃貸物件探しの方法を3パターンほどご紹介します。

  1. 治安や統計的データを用いて探す(区単位)
  2. HOME'S等を使って条件指定して探す(家単位)
  3. Google ストリートビューを用いて家周辺を散策してみる

1.どこに引っ越すかを治安や統計的データを用いて考える

新卒の引っ越しは単身での土地勘のない場所への引っ越しが多いので、まずは大局的に新卒に合ったエリアを探すのがコツです。一人暮らしは大変なことが多いです。下記サイトが参考になります。

名古屋市中村区の住みやすい街を探す - 愛知【スマイティ】

犯罪情報マップ

2.エリア内で条件を絞って家候補を挙げる

引っ越し先エリアに見当をつけたら、家を探しましょう。新卒の家探しにはHOME'Sがおすすめ。「地図から検索」するのがコツです。駅から家までの距離が一目でわかります。

新卒の一人暮らしに不可欠なコンビニやスーパーへの距離はチェックをつけておきましょう。先述の通り、新卒の引っ越しには、単身で見知らぬ土地への引っ越しが多いです。

www.homes.co.jp

3.Google ストリートビューを用いて家周辺を散策してみる

単身で見知らぬ土地に引っ越すことの多い新卒には、引っ越し先を直接見る機会が限られています。そこで、直接行く前に物件を絞り込むことができるツールGoogle ストリートビューです。

新卒が安心して一人暮らしできる場所かどうか、実際に見てみましょう。

ただ、昼間と夜とでは全く見え方が異なることもあるので、実際に見る際には夜の暗さなどもチェックするのが新卒の家探しにおけるコツです。

引っ越し時期にこれをやっても遅いので、タイミングとしては引っ越し数か月前には上記の調査をしておくのがコツです。

 

引っ越し検討中の来年から社会人になる皆さん!

引っ越しが終わってもまだまだやらなければならないことがたくさんあります!

 

ここでは引っ越し直後の新卒がはまるポイントを紹介します

  • 新卒が陥る行政手続きの罠
  • 新卒が陥る郵便物のポイント
  • 新卒が陥るクレジット料金滞納のワナ
  • 新卒が陥る免許取り消しのポイント

新卒が陥る行政手続きの罠

引っ越し後の転入届はできる限り早い時期に出しましょう。
転入届は引っ越し後14日以内に出さなければならず、
仕事が始まってしまうと、市町村役場まで出向くことが難しくなります。

新卒が陥る郵便物のポイント

引っ越しをしたら郵便局を転送サービスを受けられるようにしておきましょう。
転送サービスとは昔住んでいた家に届く郵便物を新しい家まで1年間は無料で持ってきてくれるサービスです。
これをしてないがために、私の知り合いは、資格試験の合格証書を受け取ることができませんでした。

転送についての詳細は郵政のページから確認可能です。

新卒が陥るクレジット料金滞納のワナ

クレジットカード会社には引っ越しをしたことを必ずすぐに伝えておきましょう。
引っ越し後の新生活ではたくさんの費用を使ってしまいます・・・。
住所変更の手続きをしなかったら料金滞納を知らせる手紙すら来ず、、最悪クレジットカードの停止・ブラックリストへの登録も・・・。
上記の郵便の転送サービスを使えば自分の新住居まで届きますが、少々届くのが遅くなってしまいます。

新卒が陥る免許取り消しのポイント

引っ越しをしたら免許証の住所は必ず変更しておきましょう。
新住居の管轄の免許センター、警察署で変更が可能です。
住所変更をしていなければ、免許更新のお知らせが届かず、
更新することを忘れ、最悪免許を取り消しになってしまう恐れも・・・。
郵便転送サービスを受けていても油断は禁物!郵便転送サービスの有効な時期は引っ越しから1年間です。
免許更新までまだ1年以上ある場合、転送サービスが受けられません。

引っ越しの際の免許の住所変更は以下から確認可能です。